リンク集

リンク集

 

女性型脱毛症は男性のように頭頂部や生え際が後退していくものよりも、髪全体が細くなり薄くなっておくことが多いようです。 女性の場合には髪の成長に影響を及ぼす女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が多いので薄毛にはなりにくいと言われていました。

 

しかし、ストレスの多い社会のなかでホルモンバランスが崩れることが原因で女性の薄毛は増えています。 ストレスだけではなく、加齢によるエストロゲンの減少や妊娠・出産によってもホルモンバランスは崩れます。 女性型脱毛症には、ホルモンバランスに着目した治療法が有効です。