プロペシアの副作用

プロペシアの副作用

 

プロペシアの副作用で重篤なものは報告されていません。
欧米の臨床試験による副作用は軽く、割合としては全体の5%以下で報告されています。

 

副作用の訴えは男性機能の低下、性欲の減退など「性」に関するものが大半です

 

これは「自覚症状」で日常生活に大きな障害をもたらすものではありません。
※プロペシアの発売当初は男性機能低下症が起こることが危惧されていましたが、理論的には考えにくく、臨床的には否定されているのが現状です。

 

持病として肝機能障害を持っている方は服用の際、気をつける必要があります。
しかし、絶対にダメということではありません。 できれば持病が感知し完治してからが望ましいのですが、服用に関しては医師と相談して決めてください。

 

前立腺がんの腫瘍マーカーである血中SPAの値が半減します。 泌尿器科で処方された薬との併用や、泌尿器科にあらたに受診するときは医師に相談してください。

 

妊娠の可能性のある女性や男の胎児を妊娠した女性が服用すると胎児に外性器奇形が発生する可能性があります。 (妊婦が飲んではいけません。)
男性が服用した場合、プロペシアが原因で奇形児は生まれません。

 

プロペシアの服用をしている男性が性交渉をもって女性が妊娠した場合、妊婦と性交渉した場合、 胎児に奇形が発生したり、他の副作用が出たりすることはありませんので安心してください。