フィンペシア副作用に対する耐性

フィンペシア副作用に対する耐性

 

フィンペシア副作用に対する耐性はいずれ出てきます。
育毛剤は本来長期間、毎日服用するものなので、良くも悪くも耐性があるかどうか、出来るのかどうかが重要になります。
耐性とは身体がその医薬品に対して免疫をつけてしまい、医薬品としての効果、効能が薄れてしまうことを意味します。
服用するうちに身体が慣れて副作用が出なくなったなら、良い意味で耐性が出来たということになります。
ただ抜け毛や薄毛への効果が出る前に耐性が出来てしまうこともあり、そうなるとフィンペシア副作用と言えるでしょう。
よくあるのは育毛剤としての効果が薄れたというもの、増毛効果がなくなってきたというケースです。

 

フィンペシア副作用で毛が抜ける?

 

フィンペシア副作用で毛が抜けるというのは、初期脱毛という現象と推測されています。
フィンペシアを服用し始めて1ヶ月くらいの時期に起こる現象で、育毛剤であるのに何故か反対の脱毛という現象に対して注目を浴びるようになりました。
原因には諸説あって中でも有力な説は、毛髪のヘアサイクルが正常化したために起こっているという説です。
ヘアサイクルは成長期、退行期、休止期とあり、これをテンポ良く繰り返すことで正常な髪を保っています。
服用を始めると頭髪環境が一時的なリセット状態になり、ヘアサイクルが乱れていた時期に生えた毛髪が抜け落ちて、フィンペシア副作用と誤解されるようです。